弘前~津軽地域の情報発信サイト「りんごむしゃ」弘前市近郊のお店の紹介やイベント情報、観光情報など発信。

りんごむしゃってなあに?

りんごの木のイラスト
家と鳥のイラスト

もったいない(勿体ない)の本当の意味

2010/3/1

【もったいない(勿体ない)】
「勿体」とは
そのものの、本来の役割、という意味の仏教語だそうです。

食べ物の勿体は
食べられること。
捨てられることではないんですね。

「紙」の勿体は
記録すること。
丸めて捨てることではないんですね。

「人」の勿体は
支えあうこと。
憎しみあったり喧嘩したり、
ましてや孤独でいることではないんですね。

「言葉」の勿体は
大切なことを伝えること。
黙って胸に秘めることではないんですね。


MOTTAINAI運動の
ケニア出身でノーベル平和賞を受賞した
ワンガリ・マータイさんは

リデュースReduce(ゴミ削減)
リユースReuse(再利用)
リサイクルRecycle(再資源化)
リスペクトRespect(尊敬の念)

この4つの意味が含まれた言葉として

日本語の仏教語「もったいない」に出会い、
感動したそうです。


そのもの本来の役割を全うさせ、尊敬する。

そんな素敵な言葉は日本語にしかなかったようです。

(http://niki2times3.ktstv.net/e12111.htmlより引用)

▼もったいない (モッタイナイ)

もったいない

hase

関連記事

その他の記事