弘前~津軽地域の情報発信サイト「りんごむしゃ」弘前市近郊のお店の紹介やイベント情報、観光情報など発信。

りんごむしゃってなあに?

りんごの木のイラスト
家と鳥のイラスト

あと3ヶ月! 開業せまる新幹線

2010/9/6

日本でも有名なくらい豪雪地帯”青森”そんな青森市に

あと3ヶ月たらずで、新幹線がやってくるわけだ!

やっといらっしゃるんですねぇ~新幹線さん。(人´∀`).☆.。.:*・゜

ところが気になる降雪…いやっ豪雪┐(´ー`)┌ヤレヤレ

新幹線走行に支障はきたさないだろうか?と心配していたが、先日の新聞にこんな記事↓

「東北新幹線は、車両事態が雪に強い構造を採用している。開業時から当面、

主役を務める”はやて”タイプのE2系1000番台車両は、先頭車両の下部に”スノープラウ”

という除雪装置があり、ある程度の雪は跳ね飛ばす。来年3月デビュー予定の”はやぶさ”

タイプのE5系車両も同様に、鼻の長い先頭車両の下に、複雑な形をしたスノープラウを

もち、雪を安全に、効率よく跳ね飛ばせる。JR東日本によると、とくに”はやぶさ”は

騒音軽減の為、車両間や車両下の台車をカバーで覆い、台車の下面の凹凸を極力

少なくした。その結果、雪がこびりつく部分がより少なくなり、雪にも強くなったという。」

-- 東奥日報9月4日付け新聞記事 引用 --

実際、雪対策は他にも沢山なされている。青森市の船岡高架橋では、スプリンクラーで

勢いよく水が噴射される。(溶かした雪の水を再利用できる仕組み)

また、青森車両基地は風が強い場所にある為、スプリンクラーの設置は大変だったそうだ。

通常であれば、屋外にあるレールの分岐部分までも覆い、長さ約700メートル、

幅は約60メートルという巨大な構造である。

実際、近くを通って写真…と思ったら、大きすぎて逆に離れた場所から撮影するスポットを

探すのがやっとだったくらい。

s-IMG1 012

青森に新幹線が来るのは遅かったが、色んな対策がとられ、しかも日本最速の車両と

対策も万全ときた!青森県の盛り上がりに期待は高まるに決まっている!!

━━━━ヽ(`∀´ )ノ━━━━!!

※新幹線の情報はこちら↓ Web東奥日報

http://www.toonippo.co.jp/kikaku/shinkansen/3month/index.html

gono

タグ: , ,

関連記事

その他の記事